多汗症を完治させた人っているの?【6つの多汗症治療方法】

Pocket

多汗症を完治させた人っているの?【6つの多汗症治療方法】を要チェック!

手汗、足汗、脇汗が凄く出てしまうのってただの汗っかきではなく、多汗症の疑いがあります。
かなり多くの人が悩んでいらっしゃいます。季節に関係なく出る大量の汗にどう対処したらいいのか悩みますよね…。

多汗症を完治させた人っているの?ってところが気になりますよね。できることなら完治させたいので、どんな方法を試すべきなのか一緒に考えていきましょう。

1、内服薬

多汗症の汗をおさえるための薬として有名です。抗コリン剤が交感神経から汗を出させる命令を出すアセチルコリンのはたらきを弱めるので、汗をおさえる効果があります。
用量などはしっかり守るようにしてくださいね。

2、塗り薬

塩化アルミニウムが主成分の塗り薬を塗る方法です。
皮膚科などで多汗症治療する際は良く処方されるものです。

汗と塩化アルミニウムが合体し汗腺をちいさくし、汗の量を減らす方法になります。
手軽にできる治療ですが、一時的に汗をおさえるためのものなので、完治を目指すひとには向いていません。

3、イオントフォレーシス

電流を流して、汗を出にくく体質を変えていく治療方法です。
治療内容としては、イオントフォレーシス医療機器と水をいれた容器に足や手を入れて電気を流す方法です。

電気をながすことで水素イオンが発生します。水素イオンが汗腺に作用して汗を出しにくくする効果があります。
人気のある治療法になりますが、長い期間の治療が必須です。

病院にずっと通うのがきびしいひとは家庭用にイオントフォレーシス医療機器をおくのもひとつの選択肢になります。

その場合、日本では購入不可のため購入店や輸入方法について詳しく書いた記事を最後に載せておくので参考にしてみてください。

4、ボツリヌス菌の注射

ボツリヌス菌の毒素を患部に注射することで、汗を出すように指令を出す物質のアセチルコリンのはたらきを弱め、汗をおさえる方法です。
美容皮膚科などで受けることができますが、保険適用されないので注意が必要です。
また、副作用が出る場合もあるようなので医師としっかり相談のうえ、治療するようにしましょう。

5、超音波

汗腺を超音波で壊して汗を出にくくする治療法です。
メスを使わない治療法なので、術後の負担も軽減できます。

6、交感神経の切除手術

多汗症の手術として有名な方法です。
胸にある交換神経を内視鏡で切除する手術になります。
多汗症を完治する方法として期待できますが、手術に踏み切るのは勇気がいりますよね。
手術の後までちゃんと経過を見てくれる病院を慎重に選ばないといけません。

6つの多汗症治療法をまとめてみましたが、あとあと後悔しないように、治療法を決めていきましょう。

手術は切ってしまって効果がでなかったり、副作用があってはどうしようもないので、最終手段として取っておいて、先に他の治療方法を試してみるといいかもしれません。

メスを使わないけれど、効果が高いイオントフォレーシス治療の人気は高まっているようです。
ですが、イオントフォレーシスを行う際のデメリットはやはり治療期間が長いことです。
頻繁に通える人はいいですが、仕事などの都合で難しい人もいると思います。

そういった人に人気なのが自宅用にイオントフォレーシスを買って自分で治療するという方法です。
詳しくはこちらの記事に書いてあるのでよかったら見てみてくださいね。
↓↓↓

自宅で手汗・足汗・脇汗のケア【saalio】の口コミ評判は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする